ITATSU.NET
Diary / ダイアリー

バックナンバーリスト  


バックナンバー  2004年10月のDIARY  


2004.10.31 / 練馬公演

 

地元練馬公演、無事終えてきました。はぁぁぁホッとしたぁ(−Q−)
写真はきゃべつ村だよ、練馬の会のメンバー。



2004.10.30 / 心意気

 
@小金井の稽古場。午前中は『天狗のかくれ里』の歌とダンスを併せて稽古。自身の課題は多い。午後から僕が9月に怪我で抜けたところを中心にはめ込む稽古。11月末から『パパの明日はわからない』班にいくことになり、『天狗の〜』は最後の2ステージ。これまで約130ステージ積み重ねてきたチームの心意気を存分に感じたい。そして天城さんの日舞教室3日目、トラックの積み込み少々。

伊藤さん、心のこもった書き込み本当にありがとう!



2004.10.29 / 同期

 
昨日に引き続き小金井の劇団稽古場。午前中ダンス。『天狗のかくれ里』の中のテーマのひとつ、ナンバー“命のかぎり生きろ”について意見を交わし、踊り込む。

午後は天城さんの日本舞踊のお稽古。美容室に寄りカラー&カット。リフレッシュ!トレーニング1時間半、帰宅。

退団した元同期から(数年振りに)電話、結婚が決まり明後日(31日)の練馬文化センターに観劇に来てくれる。10年前の研究所を一緒に過ごした仲間にこうして声をかけてくれる。やはり特別な結びつきだなぁ。研究所のことはギャラリーで触れたいとずっと考えているんだけど…。



2004.10.28 / 童状態

 
小金井市の劇団稽古場で『天狗のかくれ里』の稽古。午前中は粂井麻里先生の歌のレッスン。ツアー中は慌しくて曖昧になってしまいがちな課題を明確にしていく。うしっ。

午後からはダンス。そして演出助手で以前は振付も担当していた天城美枝さんによる日本舞踊のお稽古。1年半振りぐらいで昨夜浴衣を探したけど見つからず、劇団のものを借用。いざ着てみると丈が足りない( ̄□ ̄;)!!でもまあ“童状態”で稽古(笑)。

夜は都内のトレーニング施設へ。『あしたくる風』中断後、中々コンディションが上向いてこなかったけど少し視点を変えることで変化が。人間の心や身体は不思議だなぁ。



2004.10.27 / ピエロの赤い鼻

 
珍しい連休。午前中は健康保険のこととか(笑)雑務に追われる。午後は都内のトレーニング施設に行き、その後シネスイッチ銀座で映画『ピエロの赤い鼻』を観る。心揺さぶられた。「ストーリーが甘い」とか評論する人がいるかもしれないけど、人生を生き抜くために必要なものすべてがそこにあった。


淳久雲堂書店


2004.10.26 / サツマイモ美味い

 
久しぶりの休み。9時〜14時は当ホームページ製作者の田邊氏と打ち合わせ。茨城土産のサツマイモをふかして食べながら。(*^_^*)新しい企画を練っているのでお楽しみに。

再開したばかりの『天狗のかくれ里』の準備や生活用品の買い出し、銀行振込みなど細かい用事を済ませるとアッという間に一日が終わる。一日がもっと長ければ…なんて言いません(笑)。



2004.10.24 / 東金市公演

 
9時には劇場入りして打ち合わせ。準備をしつつ10時には子供たちを迎える。真壁宗英先生の厳しくも温かい指導が続く。15時開演、無事本番を終え、舞台バラシ(撤収)。

バスで帰京途中、高速道路のパーキング・エリアで身内のお見舞いに行くため下車。茨城・石岡駅に向かう。23時到着。



2004.10.23 / 地震

 
今日は9時から舞台の仕込み、平行して『天狗のかくれ里』に特別出演する地元の子供たち稽古開始。午後からは各稽古会場に別れてのパート毎の稽古。ちなみに僕は子供たちの稽古にはタッチせず。

15時ぐらいからは舞台を使っての全体稽古。18時前に例の地震。全員危険な舞台を離れ劇場ロビーへ。夕食後はオトナの時間(笑)。演出助手の天城さんによる劇団員の稽古。

新潟県小千谷市に住む叔父・叔母がいるので新潟市に住む従兄弟の携帯にメール。避難しているものの無事が確認され一安心。



2004.10.22 / 洗濯日和

 
やっと(T_T)!!布団を干し、洗濯機を3回まわして何時間か太陽の光を浴びさせすぐ取り込む。都内のトレーニング施設経由で小金井へ。トラックの積み込みをして出発。

18時ぐらいには千葉県東金市に到着。とてもゆっくり夕食をとりリラックス。同室は17期生の伊藤輝昭くん(音響STAFF)。



2004.10.21 / 浅間山

 
朝から小金井にある稽古場に集合し午前中はトラックの荷降ろし。『あしたくる風』と『天狗のかくれ里』のセットなどの入れ替えのため、信州にある倉庫へ。ニュースで見た浅間山!!




2004.10.20 / 東京都北区・北とぴあ

 
北区応援団の皆さんによる主催、今回で4回目!僕個人は3回目でした。班が違かったり色々…。

『あしたくる風』ツアーが始まって、「まるでうちの町みたい!」な公演地もまわってきました。ふと、足元を見直してみると自分の住んでいる大都会・東京。エネルギーの浪費の宝庫(笑)。今日の公演では北区や東京都の様々な問題の報告もあり、改めて考えさせられました。

…というところで『あしたくる風』も暫しお休み(笑)。次の公演は『天狗のかくれ里』です。台風の中お越しくださった皆さんありがとうございました。



2004.10.19 / 落語

 
雑務をこなし、午後から都内のトレーニング施設へ。17:30から友人の誘いで大井町のきゅりあんで寄席を観る。

落語から漫才、大神楽、三味線漫談と続き、最後の三遊亭圓歌師匠は圧巻。楽しめない隙間がない!!最近ある出来事があって落語に興味を持ち始めたところだったので、とても幸運。興味深く、そして存分に笑ってきました\(^O^)/



2004.10.18 / 家ごはん

 
新潟から帰京、即都内のトレーニング施設へ。

外食が続いたので、どうしても“家ごはん”したくて、遅くなったけど買い物してから自宅で夕食。ご飯、味噌汁、焼き魚…ふぅ〜落ち着いた(*^_^*)



2004.10.17 / 朱鷺メッセ

 
新潟市・朱鷺メッセでの『あしたくる風』本番。朝、顔合わせの時にお会いした主催者代表の小杉さんはすごい人だった。自分に出来るエネルギーや環境の問題に真摯に取り組んでいる人。エネルギーを題材にしたミュージカルに出演している者として恥ずかしくないステージにしたいと気持ち新たに。いい公演に出来たと思う。

恐ろしく長くかかった舞台のバラシ(撤収)を終え、洗濯して部屋に干し、庄野久友と男二人焼き肉(笑)。ミュージカル体験塾や『天狗のかくれ里』の猪のチョースケ役でも活躍中の久友とも『パパは家族の用心棒』以来の付き合い。頼れる後輩。

久々に飲んだ生ビール二杯分の酔いを醒まし(笑)、翌日以降への疲れを極力減らすため軽くトレーニング。メールのチェックなど。

群馬から観にいらしたのでしょうか( ̄□ ̄;)!!“はむ”さんメールありがとう!




2004.10.16 / 午後から

 
今日は午前中ホテルの部屋でゆっくりして午後から舞台設営。朱鷺メッセ・スノーホール(会議場みたいなとこ)にトラス・システム。夕食後まで作業は続き、転換のアタリをしてから解散。舞台スタッフや照明スタッフはさらに居残り。本当にお疲れ様ですm(_ _)m



2004.10.15 / 米子〜新潟

 
移動日。9時に出て21時到着。
ぶわっ( ̄□ ̄;)!!

移動中は運転の合間に本を読んだり、DVDを見たり、少し眠ったり。長時間移動が続いてくたびれても、決して人生の無駄な時間にしないよう気をつけます。北陸道の尼御前S.Aから見た景色は良かったしリフレッシュできた\(^O^)/

DVDは先日NHKのBS2(たぶん)で放送したのを録画しておいた『綾戸智絵 Live in 万博公園』などを見る。アルバムでいうとLifeあたりから聴いていますが、変わらず(益々?)パワフルなオバハン、46歳さすがの一言。大阪のイントネーションに直すのを忘れずにお読み下さい(笑)。

「えー、いつも沢山ミスはします(笑)。
人間はミスをするために生きてるように思います。
せやけどテレビでミスする私やで。何でも出来る、皆んな!
ほんまにそんな気持ちです。
今日も歌詞8ヶ所ぐらい間違えました(笑)。
せやけど間違ごうたから明日もっぺん歌お思うし、これが命です。
ありがとう!おおきに!!」



淳久雲堂書店


2004.10.14 / 名和町

 
鳥取県名和町での本番。体育館にトラス・システム。

当日の担当制作で“あしたくる風”を立ち上げた張本人、内野雅子さんに言わせると「後にも先にもおそらく一番“あしたくる風”の二幕に近い町」。夢を持った町長(12月に日本で一番大きな風車が立つ)、それを受け止める役場職員、町民…。

本番は一幕のナンバー一曲一曲に温かい拍手、二幕の町の場面では僕は出てないから衣裳部屋から観客のリアクションに耳をすませていたけどなんだか切なくて切なくて…。きっと名和町の歴史やおじいちゃん、おばあちゃんの苦労が観客席ににじみ出てくるんだと思います。子供たちも素直。

集まって下さった名和町の皆さんにどれだけのことが出来たかわからないけど幸せな一日となりました。



2004.10.13 / スウィングガールズ

 
池袋・西武百貨店で本屋に寄り、トレーニング施設へ。約1時間。羽田空港で昼食(高いよなー)、14:15発の米子空港行きに乗る。

米子市内のホテルに到着後、長〜いアーケードをぷらぷら。シャッターが目立ったが、いくつかこだわりのお店もあり楽しい。米子駅近くのSATYに寄ると映画『スウィングガールズ』上映中。小腹が空いたのでたこ焼きを食べて18:10からの回を観る。

どうも“音楽映画”(?)が好きらしい。『天使にラブソングを2』(1じゃなくて2がいい)や『ブラス!』サイコー。『スウィングガールズ』も快作でした。矢口監督の2001年作『ウォーターボーイズ』も良かったし。“矢口史靖といえばこれっ!”っていうカラーが明確なのがすごいですよね、日常に近い小さな小さな感動があって観終わって爽快になれます。

フィナーレの衣装がまだO.Kが出ていないので、そのままSATYで衣装選び。明日上下を合わせて調整します。


淳久雲堂書店
  • スウィングガールズ
    映画


2004.10.12 / 仙台〜東京

 
10時に仙台市内のホテルを出発、東北道をひたすら南下。劇団のバスが都内に入ったところで降りて電車、15時半ぐらいに自宅へ。台風の影響か雨漏りしてる( ̄□ ̄;)!!

コーヒーを淹れなんとか落ち着き18時に品川の歯医者。『あしたくる風』の稽古期間にかぶってしまったため、仮詰めのままだった歯が万全の状態に。東京ベリーニ 高輪店で夕食後、トレーニング施設へ。約1時間汗を流す。

22時から武蔵小金井の劇団事務所で脚本・演出の石塚さんとミーティング。帰宅。



2004.10.11 / 仙台国際センター

 
仙台国際センターで『あしたくる風』本番。9時に劇場入りで舞台を仕込み、17時開演。いい公演になったと思う。

バラシ後ホテルから歩いて10分ぐらいのコインランドリーで洗濯。コンビニで玉こんにゃくを買い、店を出ると遠くに見えるコインランドリー前の劇団員の集団、「感じ悪ぅ〜」(笑)。

部屋干しして、近くのアジア料理っぽいお店で食事。インドネシアの“サテ”(ヤキトリみたいなやつ)など美味かった!



2004.10.10 / 松本〜仙台

 
10時に松本市内のホテルを出発、新潟経由で磐越道を通り18時ごろ仙台入り。高松で讃岐うどん、松本で信州そばを食べ損ねていたので「行事」のように(笑)牛タンを食べに。美味しかった(o^o^o)

アーケードでよさこい祭りをやっていてちょっと覗いてみる。遠くから来ているチームも多数あり、地元らしきチームより迫力があった。やっぱり「はるばる仙台まできた!」っていうポテンシャルの差かな?




2004.10.08 / 美の呪力

 
12時20分に松本市内のホテルを出発、舞台設営のため朝日村農業者トレーニングセンターへ。先日のお披露目会でお会いした朝日村の皆さんと再会。

体育館公演なので当然劇場のような設営は出来ず、懐かしいふるさときゃらばんならではの仕込み。ほぼ毎日が体育館公演だった時代の経験者が絶滅の危機に瀕しているし、『あしたくる風』という作品を体育館で公演するのも初めてなため、時間はかかった。細かい仕事を残しながらもカタチになり、照明STAFFに舞台を渡したのが約21時。ホテルに戻ったのが22時、少々トレーニング。

ミュージカル『あしたくる風』を6倍楽しむ本!!ということで今回ご紹介するのは岡本太郎の美の呪力。このミュージカルは“エネルギー”を題材にしていて、物語の中で人類にとって初めてのエネルギー「火の発見」、そして爆発的に“効率”が上がりターニングポイントとなった「産業革命」、そして「今」…が大きな三つの柱になっています。神、石、血、仮面、火、宇宙…etc人類のうねりが岡本太郎独特の視点で描かれていて、たくさん刺激やイメージをもらいました。

う〜んこの本を読んだからといって6倍楽しめるかどうかはわからなくなってきた(笑)。でもそれが目的でなくても岡本太郎の本は面白い。太郎はいつも“新鮮”で、矛盾や混沌がエネルギッシュに展開し、「おまえは“生きて”いるか」「内なる目を開き、内なる芽を育て“生きて”いるか」、常に挑戦状をもらってる感じ(笑)。一度“挑戦”してみては?


淳久雲堂書店


2004.10.07 / 高松〜松本

 
出発前にTraining Center The HEART B.M.Lでトレーニング。チーム全体は10時に高松市内のホテルを出発。移動先の長野県松本市には19時ごろ到着。移動中は昨晩遅かったこともあり、眠かった。。。

録画しておいてDVDにダビングして持ち歩いていた『アッテンボローのSatoyama“映像詩里山”〜覚えていますか ふるさとの風景〜』を夕方観る。多様な生物の共存が、普段とは違った視点で大胆に映像化されていてとても興味深く、また感動した。

到着後ホテルのロビーで『あしたくる風』の劇中ナンバー“ジョン・ヘンリー”を「もっと良くしよう」と男性出演メンバーで話し合い。それぞれの角度からいろんな“ジョン・ヘンリー”が見えてきて面白かった。もっと良くするぞ。

お腹が減ってフラフラになりながら松本駅近くのとんかつ屋“たくま”で夕食。チキンカツ定食を食べる(笑)。部屋に帰って少々トレーニング。そして洗濯。

写真は移動途中のP.Aで見かけたノラ猫。




2004.10.06 / “あしたくる風”初日の幕が開く

 
はあぁぁぁ!無事初日の幕が開きました。

今日も集合前に連日お世話になっているTraining Center The HEART B.M.Lへ。前日の疲れを引きずらないように、そして稽古に備えよく身体をほぐす。午前中はダンス&歌。午後から芝居の稽古。少々バテる。

本番は19時から。その前に18時から“エネルギートーク”。NHK『道中でござる』に出演中の石川英輔氏らの対談など。準備をしながらモニターから聞こえる話を聞くが面白い。そしていよいよミュージカル『あしたくる風』開演。現時点での自分の持つ力は発揮できたと思う。

バラシ(舞台の撤収)後初日のお祝い。駆けつけた劇団社長、チーフ・プロデューサー、サポートに入った制作部数人も交えスタッフ・キャスト全員(総勢50人弱かな)で乾杯。いい初日を迎え、決意も新たに今年の『あしたくる風』計10ステージの幕開きのお祝いが出来た。



2004.10.05 / 讃岐うどん

 
朝から香川県民ホール入り、まずは舞台設営。昼食後その残りと(舞台)転換稽古。きゃらばんの俳優には結構負担の大きい部分でもある。それからダンスを中心とした位置アタリ。ダンス・スタッフから細かい指示が出ます。そして歌のアタリ。到着した演出家から檄が飛ぶ。

19時からゲネプロ。衣装やメイク、照明・音響や舞台STAFFなど全てが本番通りに進行していく。終了後演出家からのダメ出し。僕個人にはフィナーレの衣装に直しが入った。

全体解散後トレーニングへ。昨日からお世話になっている高松市西町にあるTraining Center The HEART B.M.L。終わると「腹減った〜」ホテルの近くのラーメン屋さんで夜食。…う〜んまたもやイマイチ、香川は讃岐うどんがあるからかなぁ?今回のスケジュールでは讃岐うどんが食べられそうにない。むう〜



2004.10.04 / 高松入り

 
7時過ぎに自宅を出て劇団のある小金井に集合、9時に出発。バス1台にトラック2.5台。0.5は4tトラック2台に積みきらない分の2.5tのレンタカー。

香川県高松市には21時ごろ到着。駐車場から直接市内の初動負荷トレーニング施設へ。約1時間汗を流す。途中のサービス・エリアで18時ごろ食事していたのでお腹が減り、ホテルのすぐ近くに出ていた屋台のラーメン屋さんで夜食。う〜んイマイチ(=_=;)



2004.10.03 / 実感

 
歌唱指導、踊りの手直し。午後から二度目の通し稽古。反省材料多数。夕方からトラック3台の積み込み、いよいよ旅立ちの実感。

終了時にはお腹ペコペコ(T_T)帰宅し夕食。冷蔵庫の食材の整理(笑)。1週間分のDVD録画予約をセットしたり旅の準備。



2004.10.02 / ワクワク

 
イチロー選手やった!!今、記録更新で盛り上がってますが、テレビをつければプレーを見られる、同時代に彼のような人間がいるということが実はとても幸運なこと(インタビューの中で、50才でも現役で「まだ発展途中ですから」と言いたいと話していた)。本人のコメントにもあったように、時が流れるほどことのすごさが増していくように思います。

今日からは石塚さんがスケジュールの都合上不参加。寺本建雄さんの歌唱指導、ダンス(天狗班のダンスの責任者はお馴染み真壁宗英さん)、演出助手の天城美枝さんに昨日振られた台詞の稽古をつけてもらう。いままでの経験にないものが必要だということがはっきりわかってワクワク。

今日は19:00ぐらいには稽古終了。チャンスとばかりに“ある場面”で使おうと目論んでいる(笑)帽子を買いに原宿へ。そのあと調べたいことあって書店巡り。すごいですね、新宿・紀伊國屋書店は20:30まで。池袋・旭屋書店(東武デパート内)は21:00までやってましたよ(@_@;)どちらも閉店間際でゆっくり見られませんでしたが。

珍しく夕食(夜食?)を自宅で。トレーニングに行けなかったので少々ストレッチ。コンディションは気をつけねば。



2004.10.01 / ピィーピィー!

 
朝、ニオイの怪しい豆腐を一口食べてお腹ピィー( ̄□ ̄;)!!む…無念。

石塚稽古3日目。通し稽古。僕にとっては初めての演目なので必要なところは衣装を着る。全体の流れやつながりが身体に入ってきた。

急に12行の台詞を振られる。じゅっ重要な台詞じゃん( ̄□ ̄;)!!信頼されてテーマとも言える台詞を任されるのは嬉しい。急ピッチで仕上げねば。






build by HL-imgdiary Ver.1.25  



このページの先頭へ   

トップページへ