ITATSU.NET
Diary / ダイアリー

バックナンバーリスト  


バックナンバー  2005年10月のDIARY  


2005.10.31 / 細胞を組み替えろ!

 
『カントリーチャレンジャー』の稽古も終盤です。スタジオで稽古していた下座バンドが稽古場に合流したり。

演出の石塚克彦さんはよく「細胞を組み替えろ」とか言うんです(笑)。今日も芝居の演出で、僕が準備していたものより遥かに大きなものを提示されました。そうすると“それ”が身体に馴染むのに相応の時間や労力がかかる。しかも“的確に”となるともっと。今日は

自分が今、どの段階か?

を自覚しておく大事さを学んだ気がします。まだその段階まで至っていないのに入り込もうとしたりすると、余計にうまくいかなかったり。まあ口で言うのは簡単ですが(笑)、やっぱりこういったことの理解や実行の積み重ねだと思いました。

稽古終了後、劇団員は衣装や小道具の作業の時間になったのですが、コンディション回復のためアース・トレーニングセンターへ。作業を抜けるのは本当に心苦しいんですけど、初日が開けるまでのスケジュールとにらめっこして「ここでいかねば」と数日前に決めていました。

短期的に見ても決して大崩れするわけにはいきませんし、中長期的にも絶対自分のパフォーマンス・アップのため必要だとの判断です。スケジュールがタイトになってくるとこの“判断”力が鈍ってくるのですが、決して負けないように気をつけてます(笑)。応急処置ではなく、根本原因に迫るスタンスで。



2005.10.29 / 憲法改正

 
憲法改正が具体化してきているんですね。
「現状にそぐわない」といいますが、僕は高い理想を掲げていたことが事態悪化の抑止力になっていたと思うのですが。



2005.10.28 / たま〜に

 
たま〜に気分転換にと出かけていたモス・バーガー武蔵小金井南口店(たぶんそんな名前)があった場所が更地に。おどろいた。



2005.10.26 / ブラウニング・バージョン

 
おそらく『カントリーチャレンジャー』稽古期間中最期のお休み。午前中いっぱい起きられず。まあいいか。積もった雑務をこなしアース・トレーニングセンターへ。

19時から俳優座劇場自転車キンクリートSTOREの『ブラウニング・バージョン』観劇。

10日ほど前に、以前ふるさときゃらばんに客演していた池上リョヲマのHPをたまたま覗いたら今回の公演のことと“演出・鈴木裕美”の文字が。NHK衛星第2の「深夜劇場へようこそ」のインタビュアーとしてしか観たことがなくって、迷わずチケットの手配。リョヲマいい席をありがとう。

テレンス・ラティガンをいう人の戯曲にも今回初めて触れましたが、本気で「この野郎っ!そんなこと言うかよ!」などなど思いっきり揺らされてきました(笑)。ドギツイようだけど人間ってそうだよなって。

たまたま終演後に鈴木裕美さん、マキノノゾミさん、坂手洋二さんの三人の演出家さんのトークの日。面白い話をありがとうございました。

帰宅途中、稽古中の『カントリーチャレンジャー』(近頃“カンチャレ”とか呼ばれだしている)SCENE1を紐解くヒントがあればと屋根の上のバイオリン弾きをレンタル。演出家の落としていったヒントを深め、広げる仕事。ていうか本当にいいミュージカルだな〜ただの観客として(笑)。



2005.10.24 / うん、これは面白い。

 
昨日までは午後の芝居の段取り付けは演出助手の天城美枝さん。
今日から脚本・演出の石塚克彦さんの稽古。

新メンバーは石塚稽古がどんなものか見当がつかないだろうから大変だろうな。もし、自分が今までとまったく違った新しい環境に身を置いたら…なんて想像して、そういったことを自分がどんな受け取り方をするかなぁ?とか少し考えた(笑)。

稽古の中で今までやったことのない種類のアプローチをされた。これは面白い。“役者生命を賭ける”つもりでやらないと成長はない、と常に自分に課しているつもり。うん、これは面白い。



2005.10.23 / 挑戦し続ける

 
稽古が終わり帰宅して情熱大陸などを観る。今週は女子バレーボール選手の高橋みゆきさん。元々印象的な選手でしたが、元全日本セッターで現解説者の中田久美さんによると「チーム一のビビリじゃないかな」(!)。“シン”というコート上のニックネームの由来も、気持ちの揺れの大きい彼女に先輩がつけた、心技体の“心(シン)”と聞いてびっくり。現在はイタリア・セリエAのビツェンツァに所属する高橋選手、挑戦している姿がなにかこう…美しかったです。

番組最期に紹介された番組スタッフに充てたメールにそんな空気が少し出ているかなぁ?

今は三試合が終わりまだ始まったばかりですが、
イタリアに来てから、言葉、練習、習慣…本当に違うことばかりで、
自分の身長ではない、器の小ささを感じます!!
視野も狭かったなぁ。。。
今はとにかく自分にないもの、あるもの、全てを出し切ることのみです!!
いろいろありがとうございました。
ciao ciao




2005.10.21 / きっと帰る 故郷へ

 
稽古が終わり帰宅してから、期限が迫っていたウイルス対策ソフトの更新に挑戦。こうしてホームページ持っているぐらいだから、そのぐらい簡単…ともいかず結構時間がかかってしまいました。そう、あんまり得意じゃないんですよパソコン(笑)。

で、遅くなってしまったので23時からNHK総合でやってた『人間ドキュメントきっと帰る 故郷へ 〜山古志・地震から1年〜』をわざわざ録画して観る(笑)。仮設住宅に住むおばあちゃんの言葉が胸に突き刺さった。

生きているうちはの、生きているうちは時間、こうしてんの、遊んでいるのがもったいねぇが。先がねぇんだぁの、だから時間がもったいねぇが。おれとじいちゃんなんての、百姓とってしまえば何も残らね。ほんっとに何も残らねぇが…



2005.10.19 / “何か”をもらう

 
『カントリーチャレンジャー』の稽古期間に突入してから二日目のお休み。これまで、そしてこれからのコンディションも考えて身体もOFF。目覚めたのは10時すぎ。いくらなんでも寝すぎた( ̄□ ̄;)!!

朝ごはんしながら14日放送のたけしの誰でもピカソを観る。『世間を席巻するミラクルレディ!』フランスを拠点に活躍する出張料理人・狐野扶実子さん、そしてニューヨークを拠点に活躍するジャズピアニスト・上原ひろみさん。

心が揺れ動いたこと、それを音にしている。
それを演奏することによって、
それが伝わって、お客さんの心も震えてくれたらいいな。
私がその時見た情景なり、心の振動がそのまま伝わったらいいな。


僕は上原ひろみさんにいつも“何か”をもらう。

13時からマッサージ。9月27日に痛めた右菱形筋〜肩甲挙筋の影響がまだのこっていた。アブナヒ。筋肉の構造などまた勉強になった。

吉祥寺のタワーレコードに寄り、待ちに待った上原ひろみ3rd Album『Spiral』購入。『高知屋』(たぶん)という高知県のアンテナショップでカツオのたたき(冷凍)他を買って帰宅。

何日か前のトップランナースペシャル版(だいぶ前の再放送らしい)首藤康之さんの回を観る。素直で大きく柔らかな人柄のなかに確固たる芯。すごい。



2005.10.18 / 多芸?!

 
今日は稽古早く終わって、18時30分から(開演時間みたいだ)新加入客演メンバーの歓迎会!鳥の唐揚げを作ってきたり、その場で魚をさばいたり、昨夜からカレーを煮込んだりと多芸(笑)。僕は青森の応援団の方からいただいた玄米せんべいにピザの具をトッピングして焼いたものを。あ、僕が考えたわけじゃありませんよ、袋に書いてあったのです。香ばしくてとてもいい出来でした。それと武蔵小金井駅との中間地点ぐらいにある、馬路音(バローネ)というパン屋さんのパンを差し入れ。少しおまけしてもらったりして。1Fの本部事務所にある厨房は満員御礼(写真)。最大8人ぐらい入ってたかな?事務局長の早坂さんもビックリ(笑)。

19時ごろに失礼して不動前のアース・トレーニングセンターへ。母指球への意識がここのところ希薄になっていたことに気づいて修正。同じような動作でもかなり感覚が変わる。ふむ。



2005.10.17 / 「たかが選手」

 
今日は稽古が少しだけ早く終わったので不動前のアース・トレーニングセンターで初動負荷トレーニング。12日以来4日ぶりなのはとても不本意。でも1時間15分いいトレーニングができた。大事な大事な積み重ね。

一昨日だったかな、読んだ頭脳のスタジアムとてもよかったです。吉井妙子さんの著書は人間の深部に迫り、いつもいつも新鮮な驚きがあります。神の肉体 清水宏保甦る全日本女子バレー―新たな闘い天才は親が作る…どれも読み応えあり、僕のお気に入りです。

頭脳のスタジアムには、松坂大輔、城島健司、松中信彦、和田毅、宮本慎也、和田一浩、五十嵐亮太、豊田清の8人の球界を代表する選手が登場します。著者の吉井さんがそうであろう選手に特にインタビューしたというのもありますが、“感覚”を言葉にする(もしくはしようとする)新世代の選手たちです。読んでいて、著者のこのポテンシャルの高さは…それを支えているのものは一体何なんだろうと感じていたのですが、あとがきを読んで納得。それは渡辺恒雄氏の「たかが選手」発言にありました。

私は、いまだにそんな偏見が蔓延っていることに怒りを感じた。企業のトップや政治家などは知的水準が高くて、スポーツ選手は「筋肉バカ」という短見である。しかも、世の中を知り尽くしているはずのメディアのトップから出た言葉ということに憤りが湧いてきたのである。

スポーツ現場に長年関わっていると、トップアスリートたちの知性の高さに驚かされることが多い。もちろん、その競技の頂点に辿り着くには、身体的な能力はもちろん、技を磨くための知恵や知識、自分をコントロールする術、他人を見る目、組織を動かす洞察力、自然をも利用する観察力、そして勝負瀬戸際では瞬時に正しい判断、決断などが必要とされるため、当然といえば当然だが、同時に彼らは脳や感覚も鍛え上げている。「勉強では使わない小脳を動かしている意味では、人間の行動としては上」と、本文中で語っていた湯浅影元・中京大学体育学部教授の言葉を借りるまでもなく、スポーツ選手イコール「頭が悪い」という図式は成り立たない。

日本社会では「頭が良い」という表現は、勉強ができることと同義語で使われている。しかし厳密に言うなら、知識(ナレッジ)と知能(インテリジェンス)は違う。頭の良しあしは、ナレッジの多寡で判断されがちであるが、本来はインテリジェンスの方が人生では重要だと思う。(中略)

しかし彼らと言葉を交わしていると、物事への探究心や好奇心、観察力などにしばしば驚かされる。彼らの好奇心や探究心、あるいは集中力を、子供の頃に科学や物理に向けていたら、その道でも一流になっていたのではないかと思わされるのだ。


「たかが選手」的世間の見方、彼らの目標達成に向けてのインテリジェンス、感覚。職業が違えどとても他人事とは思えないのです(笑)。
「頭脳のスタジアムに、ようこそ」
読んだらきっと、スポーツの見方そのものが変わりますよ。


淳久雲堂書店


2005.10.16 / 淳久雲堂書店-JUNKUNDO BOOK WEB-OPEN!

 
ついに新企画淳久雲堂書店-JUNKUNDO BOOK WEB-OPEN!
今回も田邉氏にはとてもとてもお世話になりました。

構造としては、読んだ書籍などについてDiaryに書いたものを再構築した造りになっています。
まあ…何の役に立つか分からないけど(笑)、よかったら感想を聞かせてください。
お楽しみいただければ幸いです。



2005.10.15 / 停電っ?!

 
朝、稽古場に着くと地上の入口付近に(稽古場は地下1F)人だかり。聞けば建物全体の昨夜からの電気関係の工事が終了予定時間を過ぎてもが終わらないとのこと。ということは…そう!地下の稽古場真っ暗( ̄□ ̄;)!!とりあえず事務所の2F(少し明るい)に集合したものの…出来ることがない(笑)。どうやらミュージカル劇団は停電になるとやれることがないようです。歌も普段は電子楽器ですから。

結局お昼近くまで復旧せず。。。でもまあ午後から何事もなかったかのように稽古してきました(笑)。



2005.10.14 / シンプル

 
前に何かのTV番組で津波のメカニズムを説明していて、普通の波とは全く違うもので例え1メートルの津波でも大きな被害が出る…というのを思い出しました。

今日読んだのは脚本・演出の石塚さんから紹介してもらったその時歴史が動いた(34)の、“百年の安堵をはかれ/安政大地震・奇跡の復興劇”です。主役はもちろん、浜口梧陵その人。阪神淡路大震災の経験を踏まえ、150年前に“百年の安堵をはかった”梧陵さんと村人たちの復興への過程から、防災とは何かを考える内容になっています。ゲストの河田教授の防災戦略の話も非常に興味深かったです。

防災戦略というのは、まず最初に「目的」があって、それから「達成目標」があって、その次に「行動」が出てくるのですが、そこに「政策」というものが絡んできます。
この四つが絡んで、長期的な見通しに立って、粛々と継続的に事業を進めることが大変大事なのです。


まさに“人生”など様々なことに通じる考え、全てはとてもシンプルなのかもしれませんね。

広村を壊滅的状況にした安政南海地震から1年も経たないうちに、梧陵さんの経済的基盤である江戸を襲った安政江戸地震。そこから立ち上がっていく人々に心揺り動かされました。帰りに最寄の駅で読むの止められずにホームのベンチに座って読みきりました。


淳久雲堂書店


2005.10.12 / 混沌豪華絢爛

 
今日はお休み。渋谷シアターコクーンで13時開演の『天保十二年のシェイクスピア』観劇。この日の2ステージ目の開演時間が18時30分、そして上演時間4時間…ということは間1時間半!カーテンコールなどでさらに何分か伸びてるし(笑)。特に中心人物の何人かは出ずっぱりだし。混沌豪華絢爛の舞台。

不動前のアース・トレーニングセンターで1時間15分ほどトレーニングして帰宅。昼間放送の『アクターズ・スタジオ・インタビュー エド・ハリス自らを語る』を夕食とりながら。深い思慮。自他の掘り下げ。ほんまもんの俳優だ(この番組に出る人みんなだけど笑)。



2005.10.10 / 新チーム

 
今日から『カントリーチャレンジャー』に参加する客演陣が合流。継続組7名、初顔合わせ組7名。新しいチームの誕生です。



2005.10.09 / パキスタン地震

 
パキスタンの地震の被害、凄まじいの一言です。亡くなられた方、心や身体に大きな傷を受けた方、残された遺族の皆さん、祈ることと生かされていることに感謝するぐらいしかできない。

新企画『淳久雲堂書店 -JUNKUNDO BOOK WEB-』のOPEN、16日に延期しました。もう少々お待ち下さい。



2005.10.08 / 『カントリーチャレンジャー』の本読みの日

 
今日は『カントリーチャレンジャー』の本読みの日。午前中に、出来上がってきた台本を綴じて午後1時半から。ほとんど場合ふるさときゃらばんの本読みは天城美枝さん(現演出助手)が務めます。ほかの人が読んだ記憶は…ないなぁ。

その前後に脚本・演出の石塚克彦さんからちょっとお話。これから1ヶ月、学び身体で掴んでいく方向性を見極めるべく、よ〜く聴く(笑)。そのあと軽い読み合わせ。新曲の音入れ。

帰宅してITATSU.NETの新企画、『淳久雲堂書店 -JUNKUNDO BOOK WEB-』の最期の詰めの打ち合わせ。田辺氏にご足労願う。10日にOPENで決定。もうすぐだ!




2005.10.07 / 梧陵さん

 
ふるさときゃらばんの季刊誌113号の、新作みちぶしん『カントリーチャレンジャー』のページでも紹介された、浜口梧陵の本を読んでみました。その名も津波とたたかった人―浜口梧陵伝。1950年〜70年代に小中学校教育を受けている方には、「稲むらの火」という話で伝わっているそうです。

読んでみると、ひとつ間違うと(?)中央政界で大活躍して僕たちが使った歴史の教科書にデーンと名前が載っていてもおかしくないような大人物。でも梧陵さんが歴史のど真ん中に名を残さなかったのは必然かなぁ…そう、思わず「ゴリョーさんっ!」と声をかけたくなるような好人物、と僕は捉えました。幕末〜維新にかけてですから、勝海舟やら福沢諭吉やら陸奥宗光やら面白いオトモダチが出てくるわ出てくるわ(笑)。実業家として、済民的活動家として、理想に生きた梧陵さん。常に学び、最も難しい道であろう、“中道”に生きた梧陵さん。若いときは結構激しかったりする御陵さん(笑)。うん、カッコいいよ梧陵さん。


淳久雲堂書店


2005.10.06 / ノーザンライツ

 
1日の『リバーヘッド』本番以来、4日ぶりに身体を動かしました。朝晩のストレッチは欠かしませんけどね(笑)。「動かしたい」って意欲がムクムクと出てきたところで丁度よかったです。動かさない不安っていうのもあるんですけど、いい決断だったかな。これからゆっくり『カントリーチャレンジャー』モードに移っていきま〜す!

昨日読み終わったのは星野道夫さんのノーザンライツ。ここ数日MICHIOづいてしまったなぁ(笑)。ていうか読みかけだったのを思い出したんです、ダイアリーに書いてて。途中まで読んでて「あれ?この話知ってる」っていう箇所が後半にあって(笑)、記憶をたどれば『ガイアシンフォニー第三番』っていう映画。映画のサントラガイアシンフォニー第三番も良い。

ジニーとシリアというアラスカにヨーロッパ人が立ち入った初期から、北アメリカが“環境”について考えなければならなくなる時代までを駆け抜けた二人の女性パイロット。“環境”とか言ってると堅苦しかったり難しかったりめんどくさそうですが、軽やかに踊るような星野さんの文章に開放感溢れるアラスカの空気。そして様々なインディオやイヌイットの苦悩と新しい時代に向かって駆け出すエネルギー。「昔は良かったというノスタルジアからは何も生まれてこない」というフレーズが2度出てきました。何かを伝えなければと強い意思を持った星野さんの決意を感じる本でした。でもこの方、ゼーンゼン押し付けがましくないんだよな〜(笑)。

誰もが、それぞれの人生の中で、何かを諦め、何かを選びとってゆくのだろう。大きな決断などではない。そんな時が自然にやってくるのだろう。そしてアラスカもまた、人の人生のように、新しい時代の中で何かを諦め、何かを選びとってゆく。


淳久雲堂書店
  • ガイアシンフォニー第三番
    CD


2005.10.04 / 初ケータイ写真

 
9月26日に宮崎市内で食べた地鶏の“もも焼き”他の写真です。ケータイで撮った写真をアップするのは初めて。結構いけますな(笑)。



2005.10.03 / オオカミに会いたい

 
一歩も家から出ないデー(笑)。録りためた資料用のDVDを整理したり(これが結構時間がかかりやっかい・便利なDVDデッキ求む!)、次作『カントリーチャレンジャー』関連の資料を集めたり。

今日読み終えたのはエレーヌ・グリモーの野生のしらべ。そう、ニューヨーク・ウルフ・センターを設立した天才ピアニスト。でも演奏を聴いたことがあるわけではなくて(笑)、なんでこの本に目がいったかといえば…“狼”!狼を初めて意識したのは『瓶ヶ森の河童』に出てきた狐の台詞。さっき台本を探して読んでみたら本当にチラッと(笑)。

狼や大鷲に捕まるようなノロマや野生のなくなった奴は、狼のエサになって当然だ。

ただ、これだけのことで印象に残っていたというのも何かのキッカケですよね、『赤ずきんちゃん』にインパクトはなかった(笑)。で、その『瓶ヶ森の河童』公演期間中に紹介してもらって観た・読んだのが星野道夫さんの写真集。「この写真はやばいぞ」と、たまたま銀座でやっていた写真展に。そこでも衝撃を受け、その期間限定の写真集や、魔法のことば―星野道夫講演集 SWITCH LIBRARY
を購入。その中にあったのが…

一生のうちで、オオカミに出会える人は
ほんのひとにぎりにすぎないかもしれない
だが、出会える、出会えないは別にして、
同じ地球上のどこかに
オオカミのすんでいる世界があるということ、
また、それを意識できるということは
とても貴重なことのように思える。


これは“地球”を意識して生きている、星野道夫さんにしか書けない文章だなぁと大きな広がりを感じたのでした。その後購入したシロクマの写真絵本、ナヌークの贈りものには

われわれは、みな、大地の一部。
おまえがいのちのために祈ったとき、
おまえはナヌークになり、
ナヌークは人間になる。
いつの日か、わたしたちは、
氷の世界で出会うだろう。
そのとき、おまえがいのちを落としても、
わたしがいのちを落としても、
どちらでもよいのだ


とありました。その言葉のままに、星野道夫さんは1996年8月、取材先のロシア領カムチャッカ半島でヒグマに襲われ亡くなります…

エレーヌ・グリモーの野生のしらべは正直読みづらい部類に入る本だと思います。でも、幼少期〜本物のピアニストになるまで、程度の差こそあれ誰もが悩んだり本当の自分に出会う旅の途中で向き合ってきた問題かなと。芯まで飾らない彼女がそこにいます。オオカミと人間の歴史、生態に関する記述もとてもワクワクしましたし(笑)。


淳久雲堂書店


2005.10.02 / バタバタと…

 
7時30分ごろ何とか起きてチェックアウトの準備をしたけどバタバタの朝(笑)。8時30分に佐伯市内のホテルを出発。途中大分港のフェリー乗り場でトラックを預け福岡空港へ。5日に福岡県宗像市で再演がスタートする『あしたくる風』に参加するスタッフ4名はそのまま博多入り。本当にっ!お疲れ様です。

空港内で昼食。愛・地球博で公演した『どんどんどんどん』に市民参加者として出演してから『世界はまるい』、『リバーヘッド』と立て続けにツアーに同行した古市和也くんともここ福岡空港でお別れ(彼は中部国際空港へ)。博多ラーメンを一緒に食べてきました。予定よりかなり遅れて16時すぎに羽田空港に到着。マッサージの予約を入れていたため急いで移動。見事にほぐれない身体!でも1時間30分以上に亘る格闘の末だいぶ正常に近い?状態に(笑)。帰宅は21時すぎ。佐伯市でいただいた“じゃこ天”をじっくり焼いてから食す。うまく説明できないけど…美味い!




2005.10.01 / 『リバーヘッド』ホントの千秋楽か…?!

 

『リバーヘッド』九州ツアーが終わりました。千秋楽の地、佐伯市は『裸になったサラリーマン』以来お馴染みの土地です。港町のイメージが強かったのですが、広域合併して西日本一面積の広い市になったことも手伝ってか今回は様々な顔を見せてくれました。特に『リバーヘッド』的側面で“河川の氾濫”と“河童”です。番匠(ばんじょう)川流域には水と人間の関わりの歴史、河童の伝説が数多くあり、自然の猛威と闘ってきたこの一帯は人と人とが助け合う精神が色濃く残っているといいます。本番でも客席の河童への受け入れ心(?)がしっかりあって、自分というちっぽけな人間一人より圧倒的に力の大きなもの、“自然”と謙虚に向き合っているこの土地全体の空気が感じとれました。

今回のツアーは、『世界はまるい』から全く休みなしで突入したため初日の幕が開いてもお祝いしようという気配がまったくなくスタートしましたが(笑)、今日は千秋楽の打ち上げ。宮崎でいただいた素晴らしくまろやかな甕焼酎などをメンバーで飲み干しました。

実は『リバーヘッド』が今回で本当の千秋楽になるかもという話もあり、初日立ち上げ(栃木県栗山村)から関わっているスタッフ・キャストからは名残惜しむ声もありました。明日は東京に帰ります。






build by HL-imgdiary Ver.1.25  



このページの先頭へ   

トップページへ