ITATSU.NET
Diary / ダイアリー

バックナンバーリスト  


バックナンバー  2007年04月のDIARY  


2007.04.30 / ほぉぉぉぉぉ〜

 
今回のツアー、5月1日の伊勢崎市公演までなのですが、急遽コンディショニングのため帰京しました。9:24郡山発のやまびこ46号。新幹線やっぱり早いですね(笑)。

池袋の旭屋書店で本をゴソっと買い込み、そのあと初動負荷トレーニングに。ワールドウイング池袋のスタッフさんとも4月2日以来の再会。

スタッフさん「身体どうですか〜?」
ぼく「ダメダメですよ〜(笑)」
スタッフさん「…(笑)」

とにもかくにも11:30から13:30、みっちりトレーニング。出来うる限りほぐし、より機能的な状態に近づけます。改めて「肩甲骨ってここまで動くんだよな」と(笑)。下半身にも少しチカラが戻ってきました。

食材を買い込みレンタルビデオ屋に寄り帰宅。久しぶりの我が家、家メシです(笑)。ホッとしたのも束の間、小金井へ移動。17:30から19:30マッサージ。強張った身体を自覚し(笑)。

再び帰宅し超簡単にお味噌汁も作って夕食。ほぉぉぉぉぉ〜(=_= )



2007.04.29 / 『地震カミナリ火事オヤジ』本宮市公演

 
福島県本宮市での公演。本宮市といっても旧本宮町と合併した旧白沢村公演。『ホクトウの森』福島県内ツアーヴァージョンの初日の地で、なつかしの土地です。案の定開演前に当時出演した子どもたちの姿が。背もぐぐっと伸びてびっくりでしたが(笑)。

今日の公演は福島県下公演の4月の千秋楽でもあったので、各地から応援団の皆さんも駆けつけてくださいました。バラシ後簡単ですが交流会。今回の公演を強力にバックアップしてくださった、本宮・白沢・大玉の消防団に皆さんも。

郡山市内のホテルに戻ると次は公演チーム内の歓送迎会。普段23:00には閉まる焼肉屋さんで0:00スタート(笑)。深夜まで盛り上がり、僕は途中で帰りましたがそれでも寝たのは3:30(笑)。



2007.04.28 / さらば旧トラス!

 
福島県伊達市での『地震カミナリ火事オヤジ』公演。会場は旧保原町の体育館。ここも『ホクトウの森』インストラクター時代や、さらにさかのぼって『噂のファミリー 1億円の花婿』のころからの思い出深い土地です。

そして今日がなんと『パパは家族の用心棒』初演から使っていたトラス・システムとのお別れの日。季刊誌に載っていて僕も初めて知ったのですが(笑)、次から新しいトラス・システムによる公演になるようです。現場には一切知らされていないので(トップにはあるのかな?)詳細はまた。



2007.04.27 / ホッ

 
完全なお休みとしては16日以来かな。とにかく朝ゆっくりしたのは久しぶり(笑)。9:15に起きてホテルの朝食をゆっくり食べ、お風呂にゆったりと浸かりました。朝起きた時は身体が板か棒の様で(笑)どうなるかと思ったのですが、お昼ごろまでになんとか人間の身体に戻ってきました。

13時にホテルを出て郡山市立美術館へ。ゆっくりと描き手を感じてきました。凄まじい個性と主張の数々。いつものように3分の1ぐらいでヘロヘロ(笑)。後半はサッと観て回りましたが、ひっかるものはやっぱりひっかります。

帰りにコインランドリーに行き洗濯。ホテル内や近くにランドリーがなく、随分溜めてしまいました。スッキリ。

17:00にロビーに集合して、先日入団したばかりのルーキーを連れて食事。東茶寮というお店です。とても素材・バランス・アイデアに溢れたコース料理なのに、お値段がかなり安い郡山おすすめのお店。完全予約制。



2007.04.26 / 春の嵐?

 
『地震カミナリ火事オヤジ』福島県猪苗代町公演。このミュージカルで会津に足を踏み入れたのは初めてです。近頃その土地その土地の気質みたいなものを、本当に感じるようになってきました。歴史を知ること、感性を磨くこと、など様々な要素が絡み合ってのことと思うのですが。それは非常に楽しく重いことです。

今日の猪苗代町の天気は予測不可能。到着時は曇り…あ、いきなり体育館の側に停めておいたトラス・トラックが緩い地盤に嵌るトラブルがありました…突然、晴れ・雨・晴れ・雹(ひょう)・晴れ・雨と(笑)。気温も夕方から急激に下がり、本番への調整に苦労しました。ちなみに会津の桜はまだ満開前です。

写真は衣裳部屋(体育館脇の倉庫)から見える景色。左は電源盤、照明部のチーフが朝一番で電源工事をしてミュージカルの本番に耐えうるようにします。写真では絶対伝わりませんが、外は強い風(笑)。



2007.04.25 / 日々…

 
今日の二本松市も『ホクトウの森』で担当インストラクターでした。子供4人のみの出演で、歌のソロ・パートのある場面があったのですが、抜群にハマったのが二本松でした。アタリ稽古の際、公演チームが「おおっ!!」みたいな(笑)。みんな元気だったかな〜?

子供たちの可能性、そしてそれが伸びるのを邪魔しない(笑)大人の重要性を感じた仕事でした。これって子供に限った話ではないんですよね。日々学びの場です。




2007.04.24 / 『地震カミナリ火事オヤジ』田村市公演

 
田村市文化センターでの『地震カミナリ火事オヤジ』公演日。旧船引町文化センターで、僕も度々訪れている劇場です。『ホクトウの森』の担当インストラクターだったり。



2007.04.23 / 1000円デー

 
南相馬市から郡山市への移動日。13:30ごろホテルに到着し、空腹でクラクラになりながら近くのお店でランチ。

先日白河で行った岩盤浴のグー・チョキ・パー郡山店へ。駅周辺からかなり遠かったです。車社会だから問題ないんですよね、地元の人は(笑)。月に一度のイベントデーで1000円。

19時から映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を観てきました。

派手なアクションや大音量、奇抜な演出に慣れていると見逃してしまいそうな、心に沁みる映画でした。濃い味付け、過剰な香辛料の料理に馴れてしまって日本食の繊細さを感じれなくなる、みたいな(笑)。

だらしなかったり、こんなはずじゃなかったと思ったり。愛おしい人間像が描かれていました。樹木希林さんとオダギリジョーさんの間の空気感が素晴らしかったです。

ミュージカルの舞台ってどうしてもエネルギーの放出な部分が多くて、ずっと続けていると細やかな心の動き、神経の張りかたができなくなってくるんですが、心の栄養をもらった気がします。

しかもメンズ・デーにつき1000円(笑)。


淳久雲堂書店
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
    映画


2007.04.22 / 合流!

 
『地震カミナリ火事オヤジ』南相馬市文化センター公演。『ホクトウの森』『パパの明日はわからない』などで僕もよく憶えている劇場。

今日から寺本建男さん、ユージン原さん、新人2人が合流しました。2人の紹介はいずれ。寺本さん、ユージンさんはしばらく帯同するようです。会いたい方はお早めに(笑)。



2007.04.21 / 舞台版『笑の大学』

 
昨日トラス公演で寝たのは1:30ぐらいでしたが7:30に起床。宿泊しているホテルから程近い、グー・チョキ・パーという波動浴?とかいう岩盤浴に行くためです(笑)。ひさしぶりの岩盤浴でしたがとてもすっきり!朝食も軽めにして気持ちよく次の公演地へと旅立ちました。今日の移動はは福島県白河市から南相馬市。旧原町市に宿泊です。


昼食をすませ部屋でDVDを観ました。以前ダビングしてもらってずっと観られずにいた舞台版『笑の大学』です。上演年はわかりませんでしたが、青山円形劇場でNHKが収録したもの。僕は役所広司さん、稲垣吾朗さんの映画版『笑の大学』を劇場で観たことがあるだけですが、そのとき比較的若い客層なのにこんなに劇場空間として高揚するんだ!と驚いた記憶があります。

近藤芳正さん、西村雅彦さんの舞台版も見ごたえありました。かなり前から噂は聞いていて、念願適ったりです(笑)。二人芝居の密度というのは好きです。いつか必ず挑戦したい。どうも僕は責任がかかるほうが好きみたいです。リアクションひとつ取っても「この台詞はこんな効果がある」と客席に見せる役割もひとりだけ。その人次第。舞台版と映画版では個人賞は役所広司さん(笑)。でも総合的にかもし出す空気感では近藤芳正さん、西村雅彦さんの方が好きかな。


淳久雲堂書店


2007.04.20 / 連戦の証?

 
福島県塙(はなわ)町での公演。昔あんまり全国の自治体知らなかった時(今でも知らないところだらけですけど)読めない・憶えられない名前のひとつでした(笑)。ふるさときゃらばん初公演地、通常の授業のある平日に中学校でトラス公演です。連戦の証?洗濯物(笑)。



2007.04.19

 
秋田県横手市から福島県白河市への移動日。

お昼過ぎ、この(写真)のむヨーグルトの「生乳仕立て」の読み方を巡って大激論(笑)。

さあ、あなたは何と読む?




2007.04.18 / 横手やきそば

 
朝、出発1時間前に起きて“らくらく湯”に浸かってきました。瀬戸内寂聴さん命名だそうです(!)。とても短い時間お世話になった感(笑)の新安比温泉を8:40に出発。大好きな岩手山を眺めつつトラック運転。2時間ほどかけて秋田県の横手市に到着しました。

1回目の休憩のときに差し入れられた秋田県南地方に伝わる初夏の伝統食“笹巻”にベタぼれ(笑)。よねやさんのHPから購入できます。個人的に相当オススメです。

バラシ後はお手伝いいただいたスーパーマーケットよねやの方の情報で噂の“横手やきそば”を食べに。近かったので駅前の“七兵衛”というお店に。ホルモン系の入ったやきそばがかなり特徴があって美味しいです。




2007.04.17 / 新安比温泉

 
青森県平川市での公演を終えると、1時間ほど走って新安比温泉に到着。瀬戸内寂聴さんもエッセイに書いたり度々訪れる温泉だそうです。

日本ではとても珍しい強食塩泉。源泉は色も濃く、湯船の周りは激しく赤茶色。初めてのタイプの温泉でした。露天風呂に行くと満天の星空。全身のびのびいい気分でした。

…最近温泉と食べ物の話ばっかりだなぁ(笑)。



2007.04.16 / 藤沢周平に津軽三味線

 
2007年は藤沢周平さんの小説を読むことになるなぁと漠然と思っていたらやっぱり本の方からこっちに寄ってきました(笑)。数日前に先輩の大塚邦雄さんが「まだ読まない」と貸してくれた『長門守の陰謀』。温川温泉まで手をつけずに取っておいて、昨夜読み始めました。

短編集でしたが最初の一編『夢ぞ見し』にいきなりノックアウトされてしまいました(笑)。上質な小説を読むことの幸せを感じましたし、あの環境で読めたことも運がよかったかもしれません。人の心の動きや人生の機微、なによりダントツで後味のよい一編でした。

温泉を堪能して、14:40発のバスで黒石→弘前へ。チェックインを済ませ早速洗濯。これを終わらせないと先に進めません。

そして19時ごろ津軽三味線と郷土料理の店 杏へ。何度か弘前に来て津軽三味線のライブパフォーマンスに触れる機会があったのですが、なんと今回が初めて。このお店は津軽三味線奏者多田あつしさんの夢弦会のメンバーのパフォーマンスが観られます。今日は岩崎しずかさんと小野寺由香さん。19:30からは中学生の奏者2人も。おもむろに演奏が始まり即鳥肌。21:30からの2回目のライブ(岩崎さんと小野寺さんのみ、これがまたよい)居座ってしまいました(笑)。


津軽三味線と郷土料理の店 

青森県弘前市親方町44の1 二幸ビル1F
TEL/0172−32−6684
通常営業時間/17:00〜24:00




2007.04.15 / 温川温泉へ

 
おととい泊まったばかりの弘前市内のホテルにとんぼ返り。10時に盛岡市内のホテルを出て13時半前には到着。これから“温川温泉”というところへ行ってきます。旧平賀町で現平川市のかなり奥まったところにある名湯とのこと、楽しみです。

とりあえず電車で黒石まで行って、そこからバスです。待ち時間に黒石で売出し中らしい、ナントカやきそばを食べる予定です。しっかり充電してこようっと。

噂のやきそばの名は“つゆやきそば”でした。日曜日のためか家族連れを中心に順番を待つ行列。僕の次に並んだカップルは八戸からとのこと(!)。ひとりだったため運良くあまり待たずに席に。

お味は…うどんかもしれないストレートの麺や具をやきそばの名の通り一度炒めた様子。もちろんソースで味付け。inどんぶり。そこに和風なダシ(たぶん)の効いたスープ(!)。新鮮な出会いとアイデアの勝利。食べにきてみて下さい。説明できないです(笑)。

黒石駅前から弘南バスに乗り1時間。ついに目的の温川温泉・温川山荘に着きました。写真は目の前のつり橋。車は山荘の前まで入れないようです。


十和田湖国立公園
文豪吉川英治ゆかりの湯の里
温川山荘

〒036−0173 青森県平川市温川温泉
TEL/0172−55−2314





2007.04.14 / 南部藩にて

 
朝8:40に弘前市内のホテルを出発、トラックを運転して盛岡市入り。目覚めたのが8:25、ビミョーに遅刻(T_T)ビックリした〜。

岩手県民会館に着いたのは10:50。急ピッチで仕込み開始。幼稚園から小学校3年生まで過ごした盛岡市(正確にはH4年に合併した旧都南村)なのでやっぱり朝からちょっと特別な気持ち。石割桜の前もチラッと通りましたし(笑)。

トラックの運転中から助手の螺澤真一郎くんと『壬生義士伝』話で盛り上がり(笑)。僕は浅田次郎さんの原作と、渡辺謙さん主演のテレビ版しか観たことがなかったんですが、彼は中井貴一さん主演の映画版を絶賛しておりました。近いうちに必ず観たいです。数日前にBS−2で放映したとき条件がなくて観れなかったんです。

終演後は“大同苑”という焼肉屋さんで食事。石焼ビビンバ美味かったっす。



2007.04.12 / 青森満喫

 
今月は3日しかお休みがないようです。でもまあ移動日で夕方解散でもそれなりに過ごすので、あんまり「休みがない〜!」という感じは個人的にはありませんが(笑)。その一日。

9時すぎにホテルを出発してコインランドリーに洗濯物を放り込み、AUGA(アウガ)というビルに。結構おしゃれな感じの建物なんですけど、地下に降りると青森海鮮市場が(写真)。市場に一歩足を踏み入れた瞬間、「あれ?ここ地下だっけ?!」と錯覚するぐらい見事に市場です。しばらく散策した後一軒の食堂で朝食。マグロ中落ちとホタテ丼をペロリと平らげました。

次に出かけたのは浅虫温泉。青森駅から電車で約20分のアクセス。駅に降り立ち“麻蒸湯札”を購入。まずはホテル萩野へ。“いいお湯”は理屈抜きによいです(笑)。昼過ぎというちょっとめんどくさい(笑)来客にも、快く対応していただきました。

あまり時間を気にせず辺りを散策しているとやはり青森、少し冷えてきてまたお湯に浸かりたくなりました。次は本陣の宿 柳の湯へ。近くに棟方志功ゆかりの旅館もありましたが、パンフレットの湯船の写真に誘われて決定(笑)。見事な露天の湯船でした。

本当に素敵な時間を過ごせて心身共にリフレッシュして青森駅に戻りました。部屋に戻ると数日前に観た映画『クレイマークレイマー』を再び。またまた感じるところがあって観て良かったです。

夕食は“龍鳳閣”という中華料理屋で。ラーメン屋さん以外で、中華料理屋に入ったのはとても久しぶり。5人で存分に食べ、飲み、語り、笑いました。



2007.04.11 / 巨大ケーキ

 
青森市文化会館での『地震カミナリ火事オヤジ』公演日。先月からのツアー続きの流れもあり、新鮮に日々過ごすのが難しい時期です。どんな環境でも常にフレッシュな状態で一瞬一瞬生きたいですね。

バラシ後ホテルで“4月生まれまとめて祝っちゃおうパーティー”が催されました。たぶん一般的にもそうだと思うのですが、4月5月生まれ多いです。結婚式以外ではお目にかかれなさそうな大きなケーキ登場に場内ヒートアップ。主賓も携帯やデジカメ持ってケーキをパシャ!(笑)。




2007.04.10 / @弘前市

 
青森市内のホテルから、弘前市民会館へ通ってきました。弘前市は過去にふるさときゃらばんを呼んでくださった岩木町・相馬村と合併し、新弘前市となっていました。ちなみに僕の母は浪岡町の出身。

青森に入ってから、たまたまなのか食事の良さに感動しています。お昼と開演前のお弁当も本当に美味しかった。手を抜かないんだと思います。ものづくりの基本、それに恥じない舞台を創ろうと勝手に決めました(笑)。

アップの時間に市民会館の周り、弘前城公園を散策してきました。JTB(だったかな?)のアンケートで、最も訪れたい桜の名所に選ばれたそうです。ただ桜はまだおあずけ。例年だと4月下旬、今年はGWにずれ込むのではと言われているみたいです。



2007.04.09 / 予行演習?

 
10時に宮城県大崎市(旧古川市内)のホテルを出発。今日は青森市へ。お昼ご飯は東北自動車道・花輪S.Aで。比内地鶏親子丼。表に出て、足元を見るとふきのとう(写真)。東北の遅い春です。

14時すぎに青森市内のホテルにチェックイン。明日4月10日が哲夫の息子・ター坊役の森田麻紗子さんの誕生日。なので由紀役の小峰めぐみさんとプレゼント探しにお出かけ。小峰さんとお揃いの、良いプレゼントが買えたと思います。16時からミーティングをしたあと、今度はケーキを予約。

ところがター坊、体調不良のためダウン。親ってこうなんだろうな〜と妙に納得。将来親になった時の予行演習?な一日でありました。さあ、ケーキどうしよう?(笑)。



2007.04.08 / たぶん初めて

 
宮城県3日連続公演が無事終わりました。3日間担当したひらつか順子さんともここでお別れ。バラシ後挨拶をすると何故か握手。たぶん初めて(笑)。



2007.04.07 / 『地震カミナリ火事オヤジ』栗原市公演

 
かなりの広域で合併してできた宮城県栗原市公演。栗原文化会館での公演は、開演前に旧一迫(いちはさま)町のラッパ隊の演奏が。ふるさときゃらばんの創立作品、ミュージカル『親父と嫁さん』、10年ほど前の『ムラは3・3・7拍子』を呼んでくださった町で、今回の公演でも大変お世話になりました。




2007.04.05 / 石巻にて

 
宮城県入りしました。このミュージカルでの宮城県公演は昨年7月19日の、宮城県大川原町公演以来。

今日泊まった石巻市は、ふるさときゃらばんのチーフ・プロデューサー、ひらつか順子さんの出身地。ほかに石ノ森章太郎さんの出身地で石ノ森漫画館があったり。個人的には『世界はまるい』で、マンガ『古事記』でお世話になったのが記憶に新しいです。

夕食は“バンブーショット”というカレーのお店で。全粒粉と雑穀のナンが絶品でした。あ…もちろんカレーも美味しいんですけどね(笑)。店内には『ルパン三世』のモンキーパンチさんのサインなどグッズ多数。


無国籍飲喰処 バンブーショット

宮城県石巻市立町1−2−1 北京ビル1F
TEL/0225−96−4888



淳久雲堂書店


2007.04.04 / 『地震カミナリ火事オヤジ』山形県遊佐町公演

 
刻々と変化する鳥海山に見守られての一日。バラシ後は小野寺喜一郎町長と交流会。ポジティブとアイデアの塊のような人(笑)。噂以上の面白い方でした。



2007.04.03 / 遊佐町入り

 
HAAA〜温泉気持ちよかったです(^^)v山形県は遊佐町に移動してきました。鳥海温泉の一角にある宿泊施設に、2日間泊まります。

今日は9時から約1ヶ月前にも行った地元の床屋さんで調髪。そのまま9:30に小金井を出発した劇団バスに外環自動車道の大泉I.Cに乗る前に合流。雪の降る月山を通り抜け、18:30ごろ無事遊佐町入りしました。



2007.04.02 / プチお花見、ツアーの準備を着々と…

 
午前中、ほんの20分ぐらいですがプチお花見に行ってきました。この一瞬、桜はなんと美しいのだろう。

やっとやっとやっと、映画『ドリームガールズ』を観てきました。各キャラクターが本当にはっきりしているし、ちょっと大げさかもしれませんが白人社会アメリカで黒人のアーティストがどんな風に受け入れられていったか…といった当時の社会的背景にも引きつけられました。派手な配給とは別に、骨太な作品だなぁと思いました。そしてエンターテイメントとしては、優れた楽曲と俳優陣のパフォーマンスにやられますね(笑)。

映画館からの帰りに東京都知事選の不在者投票。そういえば投票権を得てこのかた、投票日に投票所に行ったことないですね(笑)。全国的にも注目を集める選挙なのかな。この国の中でも、世界に出しても恥ずかしくない代表を選ばないと。

夕方からワールドウイング池袋で初動負荷トレーニング。身体の様子もわかって、さあこれからという時ですがまた1ヶ月のツアーが始まります(笑)。修正点もクリアーしつつ、いいパフォーマンスを続けたいです。


淳久雲堂書店
  • ドリームガールズ
    映画


2007.04.01 / やっぱり『RENT』いいなぁ〜

 
10時ごろ起き出しブランチ。13時から小金井でマッサージ。その往復、車で移動だったんですが、映画『RENT』のサントラを久しぶりに聴いて心奪われてました(笑)。本当に優れた楽曲、そしてメッセージですね。映画館で公開2日目に観て以来ですけど今度DVDで観ようっと。

マッサージを受けると自覚のない疲労が出てくるわ出てくるわ(笑)。身体君いつもスマン。でも結構世の中の役に立ってると思うから←?

一度自宅に戻り、軽く食事をして出直し。17:40からワールドウイング池袋で初動負荷トレーニング。マッサージが終わってから、先々の予約打ち合わせに時間を取ったり劇団バスに次のツアー用の荷物を積んだりで押せ押せになってしまいました。日曜日なのでジムは19時で終わり。でも限られた時間の中でやるべきことはやりました。

明日、時間あったらプチお花見やろうと思っていたんですが…どうやらあんまり天気よくないみたいです(T_T)


淳久雲堂書店





build by HL-imgdiary Ver.1.25  



このページの先頭へ   

トップページへ